OSのログイン名が日本語でTeamRender ServerのwebUIが立ち上がらないときの対処法

普段は、OSのアカウント名を日本語にしないけど、Office365の登録名が日本語だったため、ユーザデータのフォルダ名が日本語になってハマったので、その対処法。

Cinema 4Dはほとんど日本語も大丈夫だけどなぜか、ユーザデータのフォルダ名が日本語になっているとTeamRender ServerのwebUIを立ち上げようとするとエラーで立ち上がらない。コレを解消するには、一般設定フォルダのディレクトリパスに日本語が入らないようにする必要がある。一般設定フォルダのディレクトリパスを変更は、GUIにはなくコマンドラインで設定する必要がある。アプリケーションに以下の引数を追加して起動すれば一般設定フォルダのパスを変更できる。

-g_prefspath=ディレクトリ名

入力コマンド例: 

C:\Users\ユーザー名>”C:\Program Files\MAXON\Cinema 4D R19\CINEMA 4D TeamRender Server.exe” -g_prefspath=”D:\MAXON\preference”

この一般設定フォルダを変更するテクニックは、Cinema 4Dにも使える。Dropboxなどクラウドのフォルダを指定しておけば、常に同じ環境で作業ができる。

また、環境変数を使えばコンテンツブラウザやプラグインの保存先を変えられるので、Cドライブがコンテンツブラウザで圧迫されて困っているときやプロジェクトごとにプラグインを変更したい場合は、環境変数で保存先を変えておくと良い。設定方法はこちらを参照。